コンテンツへスキップ

チームと役員

Codoのチーム

若い才能と経験豊富なプロフェッショナルを組み合わせた、多様性のある国際的なチームです。メンバーは環境コンサルタント、企業の持続可能性、経済・金融、公共政策、国際協力など、さまざまなスキルを備え、日本語、英語、フランス語、ロシア語においてコミュニケーションが可能です。

鈴木 香織

代表取締役社長・CEO

クライアント企業の持続可能性向上支援の豊富な実績を持つサステナビリティ・コンサルタント。専門分野は、サーキュラーエコノミー、日本の環境関連法、国際市場の動向など。ヨーロッパに10年間在住。

ステファン・ルデュ

代表取締役・ COO

国土計画と持続可能な都市に関する熟練した経験を持つエンジニア。フランスで15年間、気候、エネルギー、交通、建設に関する公共政策に携わる。2016年から日本に在住し、脱炭素社会に向けた日本とヨーロッパの交流をリードしている。

岡澤 恭弥

ファウンダー

UBS、クレディ・スイス、BNPパリバなどの国際銀行で30年間勤務した後、2021年にアジアの資産運用グループMCPに入社し、より持続可能な日本に貢献するためにCodoアドバイザリーの設立を主導。また、福岡市国際金融アンバサダーも務めている。

正島 康博

シニア気候戦略コンサルタント

企業の脱炭素経営のスペシャリスト。GHG排出量算定、SBT認証、CDP報告、TCFD対応、排出量削減戦略などを専門分野とする。日本企業におけるサステナビリティ・リテラシー向上の長年の支援実績を持つ。

アレクサンドラ ジャスミノバ

ジュニア・リサーチ・オフィサー

エラスムス・ムンドゥスプログラムのもと、京都、バルセロナ、グラスゴーの各大学で持続可能な成長を学ぶ。国際コミュニケーション、ビジネス分析、プロジェクトマネジメントのスキルを活かし、Codoに参画。英語、ロシア語、日本語、スペイン語が堪能。

亜美瞳 ジャンヌ

ジュニア・リサーチ・オフィサー

パリ政治学院と慶應義塾大学経済学部卒。ヨーロッパと日本で経済、金融、公共政策を学ぶ。Codoでは、レジリエントで持続可能な発展を支援するためのベストプラクティスを特定し、普及させるための研究を行っている。英語、日本語、フランス語が堪能。

Ilayda Tenim

ジュニア・リサーチ・オフィサー

GLOCAL Erasmus Mundus修士課程の一環として、グラスゴー、バルセロナ、京都の各大学で持続可能なビジネス開発について学ぶ。学術研究、コンサルタント、国際コミュニケーション、ビジネス分析などさまざまスキルをCodoで生かす。英語、トルコ語が堪能。

Codoの役員

取締役には、MCPとアミタの両社より、金融や環境等の業界におけるハイレベルな専門家が集まっています。

越智 哲生

MCPアセットマネジメントのマネージングパートナー兼CEO

国際金融の分野で30年以上のリーダーシップの経験を持つ。

佐藤 博之

アミタホールディングス代表取締役COO

「ものと情報と気持ちがめぐる社会」の構築を目指している。

藤井 俊

MCPアセットマネジメントのマネージングパートナー

金融工学、グローバル投資、ファンドマネジメントのエキスパート。

唐鎌 真一

アミタホールディングス取締役CFO

環境と金融を専門とし、企業価値と社会価値の増幅を目指している。