コンテンツへスキップ

Codo Advisoryのサービス開始についてのメディア報道

4 月 19 日、Codo Advisory のサービス開始式が九州で行われた。福岡市での設立記者会見は、地元プレスの間でも好評で、記者会見に参加した高島市長も地元企業の脱炭素化を支援するCodo Advisoryへの応援メッセージを伝えた。

者会見のハイライトは、日本で最も影響力のある新聞であり、世界最大の新聞でもある日本経済新聞に掲載された2つの記事である。両記事とも、脱炭素移行戦略に関する国際的な専門知識を提供することで、さまざまな産業分野の日本企業の脱炭素化を支援し加速させようとするCodo Advisoryの野心について報道している。Codo Advisoryは、フランスの環境エネルギー管理庁ADEMEと世界的な非営利団体CDPによる協力のもとで、日本で初めてACT手法を導入したコンサルティング会社である。福岡の市長はCodoがACTの手法を用いて地元企業のネットゼロへの移行を支援していくことを歓迎した。

日経- https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC181AF0Y2A410C2000000/ 

日経 – https://www.nikkei.com/article/DGXZQOJC194D20Z10C22A4000000/ 

  • 環境分野の専門紙である環境ビジネスは、Codo Advisoryの設立を報道し、新たな事業におけるACTの役割に焦点を当てた説明をしている。ACTは、企業の脱炭素移行戦略の策定・評価や、投資家への気候関連情報の提供において、包括的かつ有効な手法として認知されている。Codo Advisoryは、第一弾として、大企業、自治体、中小企業、地方銀行を含む銀行などを主な顧客としてビジネスを展開していく予定。

Kankyo business : アミタ・MCP合弁会社、「脱炭素経営」への移行戦略策定・評価の新サービス | ニュース | 環境ビジネスオンライン (kankyo-business.jp) 

  • 福岡の経済メディアNetIB-Newsは、九州を拠点に地元企業のESG情報開示をグローバルスタンダードにレベルアップさせるCodo Advisoryの立ち上げについて報道している。Codo Advisoryは、地元企業のグローバルな持続可能性要件への適合性を高め、グリーンウォッシングに厳しい海外投資家へのアピールも強化し、地域および国家全体の脱炭素化に貢献するものである。

NetIB-News : アミタHD、MCPがESG経営支援企業を福岡に設立|NetIB-News (data-max.co.jp) 

  • RKB毎日放送は、記者会見をストリーミング配信し、YouTubeチャンネルにそのハイライトを掲載した。RKBはACTについて、組織の脱炭素移行戦略をグローバルスタンダードで評価するCodo Advisoryのサービスにおける重要なツールであることを述べている。また、ADEMEとCDPは、日本企業と世界をつなぐ手法の共同開発者として紹介された。福岡市の高島市長は、Codo Advisoryが九州の企業を世界の投資家にアピールするためにローカルな力になることに期待を寄せている。

RKB radio : https://podcasts.apple.com/jp/podcast/%E5%B1%B1%E6%A0%B9%E5%B0%8F%E9%9B%AA%E3%81%AEbrush-up/id1616801157?i=1000558105147 

RKB TV : https://rkb.jp/news-rkb/202204191426/ 

  • 西日本新聞は、4月19日の日刊紙上で、Codo Advisoryの立ち上げを取材した。世界的に注目されている国際的な企業の気候変動対策の評価手法として、ACTが紹介された。 Codo AdvisoryはACTの開発者であるCDPとADEMEの支援を受けながら、2026年までに100社にACTサービスを提供することを目指すと、西日本新聞は書いている。
  • 九州で開催されたCodo Advisoryの設立記者会見を、大手新聞社である毎日新聞が取材した。Codo Advisoryは、欧州で一般的に使用されているACTの手法を用い、効率的な移行戦略を支援することで、地元企業の脱炭素化を加速する予定。

毎日新聞 : Biz 九州・山口経済 福岡に脱炭素支援会社 手法を提案 26年に100社目標へ 設立会見 /福岡 | 毎日新聞 (mainichi.jp) 

Authors

著者: Alexandra Zhasminova レビュ: Stéfan Le Dû  翻訳:Jeanne Hamidou.

Codo Advisoryについて

Codo Advisory は「持続可能社会に向けた日本企業の革新的行動を促し、その鼓動を世界に響かせる」をミッションに、脱炭素経営への移行戦略の策定・評価・モニタリング等を実施します。ゼロカーボンシティを表明し、かつ産学官が一体となって国際金融機能を推進する福岡市に本社を構え、2022年4月より活動を開始しました。サービスの詳細チーム・ お問い合わせ

Codo Advisoryのニュースレターにご登録いただいた方へ定期的に情報をお届けします。